ニューヨーク1人旅が好き!

アラフォー独身OL みるち が毎年1人で旅行しているニューヨークのあれこれ。 1人旅だといろいろ不安がつきもの。でも最近ニューヨークで女性の1人旅の方をよくみかけます。行きたいなら行っちゃいましょう! 私の体験談を通して、女1人でも入れるレストラン、初めてのニューヨークでも使える情報や観光地スポットをご紹介します。

出発までの準備

海外旅行保険は入るべき?

クレジットカードの保険は?

私が持っているクレジットカードには海外旅行保険が付いています。でも、その保険が有効になるのは旅費をカード払いした時だけ。カード払いしなければメリットがありません。
また保障されている内容も額が少なかったり、携行品トラブルは対象外だったり、現地でもし自分に何かあって家族に来てもらうことになった場合の保障が無かったり。心もとない点が多いので保険には別で加入しています。 

海外旅行保険のおすすめ

いつも加入しているのは損保ジャパンの新・海外旅行保険【off!(オフ)】。 インターネットで予約すると保険料が40%オフになります。安いにこしたことはないので。

他にもたくさん保険会社はありますから、保障内容と予算に合わせて加入を検討してくださいね。
今まで1度も保険金を請求したことは無いので単なる気休めですが、万が一のことを思うとつい加入してしまうんですよね。

DSC_0317
街にはこんな危険な場所も!いつ倒れて怪我するかわかりません(笑)
※この看板はこの状態で倒れずに自立しています。


人気ブログランキングへ 

ESTAの手続きは意外と簡単

90日以内の観光やビジネスでアメリカに行くときにはビザはいりません。そのかわり、電子渡航認証システム(ESTA)による渡航認証を取得しなければ入国できませんから手続きをお忘れなく。
取得代行業者もありますが、簡単ですから自分で手続きしましょう。

ESTA

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/を開きます。 
英語サイトでびっくりするかもしれませんが、ちゃんと「日本語」をクリックすると翻訳されたページが表示されますのでご安心を。
e1
日本語のページが表示されたら「個人またはグループでの米国渡航に関する新規認証を申請」ボタンを押して免責条項と旅行促進法に同意するにチェック。(「同意する」にチェックをしないと次に進めません)
申請ページはが付いている必須項目をローマ字で入力します。
注意したいのは雇用情報。これは米国での雇用情報なのでくれぐれもお間違いの無いように。
最後の証明の下にある2つめのチェックは、誰かの代理で入力した場合にのみチェックしてください。

英語で住所の書き方がよくわからない方、こちらで確認してみてください。

全て入力し終えたら次の画面で内容確認。先へ進むと申請番号が表示されるので控えておくと良いです。
その次の画面は支払いに関する内容。支払いはクレジットカードで行います。(クレジットカードを持っていない時は家族のカードでも大丈夫ですよ)
支払いの送信まで完了すると「渡航認証許可」「渡航認証保留」「渡航認証拒否」のいずれかが表示されます。
渡航認証保留の場合は72時間以内に回答されるので、時間をおいて再度確認を。
渡航認証拒否の場合はビザが必要と判断されたので、アメリカ大使館で手続きを。

画面上で渡航認証許可となっていれば問題なく入国できます。もし心配でしたらこのページを印刷して持って行くとよいですが、私はニューヨーク以外も含めると15回程度のアメリカ入国時にESTAの紙を求められたことはありません。
他の方のESTAを代理で登録する時は印刷してあげて、間違いがないか本人に必ず確認してもらいましょう。

ちなみにESTAは2009年1月に導入され当初は無料でしたが、2010年9月8日申請分から有料になりました。
有効期限は2年間。半年くらい前に更新のお知らせメールが届きます。 


人気ブログランキングへ 

旅の予約をしよう(ホテル編)

ホテルにするか、アパートメントホテルにするか、シェアルームにするか迷いますね。
私はホテル派です。
アパートに1人だと場所によっては結局1泊100ドル以上かかってしまうし、シェアルームは共同生活に慣れていないのでちょっと抵抗があります。あと、ホテルじゃないとチェックイン前後の荷物預かりが気軽に頼めないとか、細かいところで不便さを感じそうに思います。

ニューヨークの日本人向けアパートメントホテル事情?

これは実際に友人が泊ったアパートメントホテルのことですが、
HPに住所も地図もない、マンハッタンのこの辺りからこの辺りの間ですといった曖昧な表示。
空港についたら電話をください、あなたは先に部屋に入ってください、荷物は後から持っていきます。
これだけ聞いていると別になんとも思いませんね。
実態は、自宅アパートの1室を貸しているので他の住人に旅行者だと気づかれないように振る舞ってほしいというのがオーナー側の要求なんだそうです。
だから人の出入りが少ない時間に荷物が運ばれてくる。
荷物が届くまで何時間も外出できず待ちぼうけだったそうです。
そして別の部屋にはオーナーが雇った韓国人らしき男性。
何も無いとはいっても少し気がひけます。
ここがたまたまそうだったのかもしれないから一概には言い切れないですけどね。
もしかしたら好奇心で泊まりに行くかもしれません。
でも、この手のやり方は営業許可を得ずに営業しているので、摘発されて急遽泊まれなくなってしまうこともありえます。注意しないといけませんね。

ニューヨークホテル予約

さて、ホテル予約。
ちゃんと比較したい人はTripAdvisor (トリップアドバイザー) とかフォートラベルとかがおすすめです。 地図を見ながら比較したければ、Google Mapでエリア検索後に検索ボックスの下にある「付近を検索:ホテル」をクリックして、宿泊日を指定すると地図上で確認できますよ。
比較して最終的に私はBooking.com Expedia をよく使います。
よくセールをしていますし、最低金額保証もあったり、キャンセル無料のところが多かったりと良心的だからです。ちなみに、エクスペディアだとサイトからホテル+航空券の予約をすると大幅に割引になる場合もあるので要チェックです。
予算と立地とグレードと、何が妥協できて何が妥協できないかっていうのを決めておくとホテル探しも楽かもしれません。
夜遅くまで出歩くつもりなら、地下鉄の駅から近いとか、歩いても帰れる距離とかも気にしておくといいと思います。
ニューヨークのホテルは、イマイチなところでも1泊200ドル以上は覚悟!
画像 008
画像 009
初めてニューヨーク一人旅で泊まったペンシルバニアホテル。冬だったので室内は余計に暗く感じました。褒められるのはペンステーションからすぐ近くという立地の良さくらいですね。それでも当時の閑散期の値段で1泊200ドル(当時のレートは1ドル82円前後)なので立派なお値段です。


人気ブログランキングへ 

旅の予約をしよう(フライト編)

結構早い時期から旅行が決まっているなら、航空会社のサイトを見ると早割料金で予約ができるかもしれません。

最近のお気に入りはGoogle Flightです。 ドルでの表示になりますがいろいろな航空会社を一括比較できます。

格安航空券が良ければSkyscannerもいいと思います。こちらも多くの会社が扱っている格安航空券を一括比較できます。

ニューヨークまでのフライト

時間を有意義に使いたければ、羽田空港からデルタ航空やユナイテッド航空で深夜にアメリカ西海岸へ行く飛行機に乗り、国内線に乗り継いでニューヨークまで行くのも悪くないと思います。このルートだとニューヨークに朝到着するので初日からたっぷり遊べます。

このルートの良いところは、飛行機に乗ったら深夜なのですぐ寝られる、アメリカ西海岸に到着したときに入国審査を済ませるので ニューヨークでは荷物を取るだけ。そして何より短い日程でも滞在時間が長くできることです。
ただ、乗継の待ち時間が長い組み合わせだと、乗継待ちの時間が眠くて辛いかもしれませんね。

直行便だと成田から約13時間(帰りは約14時間)なのに対し、経由便だと待ち時間入れて18時間程度かかってしまうので到着が遅くなっても直行便にこだわるのはアリですね。午前中に着くフライトもありますし。
P9250280

ニューヨークの空港

ところで
ニューヨーク市周辺には空港が3つあります。

 ジョン・エフ・ケネディ国際空港(JFK)
 ニューアーク国際空港
 ラガーディア空港

マンハッタンから一番近いのはラガーディア、次にニューアーク、そしてJFKです。 
羽田か成田か程度の差だと思ってください。
どこに着いても不便はありません。
日本に帰る時の空港施設でいうと、デルタ航空利用時に使うJFKターミナル4のレストランやショップが一番充実していたように思います。 有名ハンバーガー店のシェイクシャックも搭乗前に食べ納めできます。




人気ブログランキングへ 

予約はどうしよう?

行く気になったらすぐに予約したほうがいいですよ。気分が盛り上がります!
でも、正月とか夏前とかにウルトラセールみたいなお得情報もあるから、それを待つのも手ですね。

パッケージツアーもいいけれど、私は全部バラバラに手配しています。

パッケージツアーのメリット

・手配漏れがない
・何かあっても旅行会社の連絡先がわかっているから安心感がある
・ピーク期は出発の40日以前、通常期は30日以前ならキャンセル料がかからない 
・送迎付きだとガイドさんにいろいろ質問ができる
・あれもこれも予約しなくていいから手間がかからない

パッケージツアーのデメリット

・1人参加の割増が高い
・送迎付きだと空港で待つ時間、バスが他のホテルを回るから時間がかかる
・帰りの集合時間がかなり早い
・飛行機の時間が選べないから滞在時間が短くなりがち
・飛行機の座席指定が事前にできない
画像 027

それぞれの価値観や、金額的にどのくらい差がでるかとか実際に見て、好きな方を選んでいいと思います。
私は大したホテルでもないのに倍の金額を払わないといけない(直接予約したときのホテル代金は1人いくらという計算ではない) のが納得できないので・・・
調べたり、手配したりが面倒な人はパッケージツアーをおすすめします。

 


人気ブログランキングへ
プロフィール
飛行機の予約は
ホテルの予約は
ツアーの予約は
お役立ち
ニューヨークの情報は