ニューヨーク1人旅が好き!

アラフォー独身OL みるち が毎年1人で旅行しているニューヨークのあれこれ。 1人旅だといろいろ不安がつきもの。でも最近ニューヨークで女性の1人旅の方をよくみかけます。行きたいなら行っちゃいましょう! 私の体験談を通して、女1人でも入れるレストラン、初めてのニューヨークでも使える情報や観光地スポットをご紹介します。

ミュージカル

Sleep No More

ニューヨークでロングランヒットとなっている「Sleep No More」。やっているのは廃業したMcKittrick Hotelの中です。最寄りの34th Street - Hudson Yards駅から歩いて10分くらい。

IMG_3899
新しくできたハドソン・ヤーズという商業ビルや、ハイラインの入り口があるから、結構多くの人が乗り降りしています。
すごい本数の線路!鉄道の車庫ですかね?
IMG_3902
てくてく歩いて行くとホテルに到着します。
周りは閑散としているのに、ここだけ行列。とりあえず並んでいると、係の人が誘導してくれます。
IMG_20160309_205354


ここから先は一切撮影禁止。
貴重品以外の荷物を預け、番号札代わりのトランプと白い仮面を渡されます。
劇中はみなこの仮面をしないといけません。

IMG_20160309_203046

中に入るとバーがあり、生演奏でジャズを歌っている人がいます。

さて、いよいよ劇場に。係員に誘導されてエレベーターに乗ります。すると、途中階で数名下りるように言われます。家族とか友達とか関係なくバラバラにされてしまうんです。(と、言っても私は1人だから関係ないけど)
そうやってバラバラにされたあと、目の前には役者さんが現れます。

この劇場は、ホテルがまるごと舞台になっていて、観客は役者の後を追いかけながら楽しむ参加型のショーなんです。
シェークスピアの「マクベス」が元に作られた作品で、どの役者さんについていくかで行く場所、セリフ、シーンが違ってきます。
最終的には広いダイニングテーブルのあるフロアに全員が集合するのですが、それまで階段を駆け上がったり、駆け下りたり、あっち行ったり、こっち行ったり。かなりいい運動になります(笑)

終わったらまた初めからスタートするので、別の役者さんについて行くのもアリですが、時間と体力に余裕がないと厳しいかもしれませんね。

チケットは公式サイトから買えます。
https://mckittrickhotel.com/calendar/


Sleep No More


人気ブログランキングへ



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4829599311457954"
data-ad-slot="6219049424"
data-ad-format="auto">

英語いらずのミュージカル

自慢じゃありませんが私英語がよくわかりません。会話は雰囲気とボディランゲージで。注文したものと違うものがきても文句も言わずに食べます。先日ハンバーガーを頼んだつもりがパニーニが来たのにはかなりの衝撃を受けましたが・・・

そんな私でも楽しめる英語いらずのミュージカル。オフブロードウェイで上演しているフェルザブルタ。2014年に日本公演もあったので知っている人も多いはず。
座席が無く、ステージは・・・横だったり上だったりで、演者も観客も忙しい。
IMG_3567
壁を走ったり
IMG_3569
巨大ランニングマシーンのようなもので強風に吹かれながら走ったり
IMG_3576
天井では水中パフォーマンスをしたり・・・
IMG_3595
手を伸ばせば届きそうなド迫力。そしてこの透明ビニールがいつ破れるのかというドキドキ感。
水と光と音が作り出す幻想的な世界に観客のテンションも上がりまくりです。
IMG_3601
そしてまた強風
IMG_3602
 ストーリーは全くわかりません。でもそんなことはどうでもよくて、最後にはDJが登場し観客が音楽に合わせて踊りだしクラブと化します。
最後は水が落ちてきてヒートアップした観客たちはビショ濡れに(笑)
それでもみんな楽しそうに踊り続けます。常識破りの個性的なミュージカル。観客も一体となって無条件に楽しめて、気晴らしにもなるのでおススメです。

チケットこちら↓でお得になってます。
゜:*★ニューヨークのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

ちなみに・・・濡れる可能性があるのでご注意くださいね。


人気ブログランキングへ 

ミュージカルで居眠り

一度は見たいブロードウェイミュージカル


初めてニューヨークに行ったとき「何でもいいから本場のミュージカルを見てみたい」と思いチケットを買いに行きました。よくわからず手にしたのは『ミスサイゴン』。当時はミュージカルを見に行くときは正装するように言われていたので、きちんとした格好をしてヒールを履いていざ出発。

ブロードウェイ近くのファストフードで軽めの食事を済ませ、ワクワクしながら劇場へ向かいます。
劇場に着くと大勢の観客。席の広さがあまりなくて隣とは結構近かったのを覚えています。

幕が上がると舞台は暗い雰囲気。英語なので詳しくはわかりませんでしたが、ベトナム戦争時代が舞台となる作品でした。
言葉がわからない→暗くて盛り上がらない→眠くなる

コクリコクリひたすら睡魔との闘いが始まりました。せっかく服装まで考えて、高いお金払って見に行ったのに台無しです。そして私の頭はブーメランのごとく隣の席のマダムの方までも進出してしまい、パッと目が覚めては謝罪。そしてまたブーメラン&謝罪を何度も繰り返してしまいました。ああ、申し訳ない。
ちょうどこの日は到着翌日で、まだ時差に体が馴染んでいなかったことも影響しています。

とか言って、別の年に行ったときは帰る前日にブロードウェイで熟睡したこともありましたが。。。
時差のせいではないかもしれませんね。

興味があるものや英語力がいらないものは寝ずにすみました。
おなじみマンマ・ミーアはアバの曲を口ずさめるのが心地よくて眠くなりません。それからもう公演終了してしまいましたがBring It On。日本でチアーズとして放送されていたドラマのミュージカル版。何がすごいって、全米でトップクラスのチアリーディング選手が繰り広げる圧巻パフォーマンス。あー、これはまた見たいな。
IMG_3677


オフブロードウェイでやっていたフェルザブルタは、立ち見なのでウトウトすることもありませんでした。ストーリーも良く分からなくて、全く喋らない不思議ミュージカルでした。
IMG_3569

ニューヨークへ行ったなら一度は見てみたいなって思う人は多いですよね。
ミュージカルを見る前日はたっぷり寝て、ミュージカル前にはお酒を飲まない!これ鉄則です!


人気ブログランキングへ
プロフィール
飛行機の予約は
ホテルの予約は
ツアーの予約は
お役立ち
ニューヨークの情報は